鍼 灸 施 術 (やなぎばし療院)

「痛み」、あらゆる症状の多くが、内蔵の弱りや変調から起こって きます。これらの症状は、これ以上放っておいては危険だという 生体の「警報機」といえます。 巷で行われている痛みだけを止める行為は警報機がうるさいからと 一時的に止めるだけで何の解決にもならないばかりかさらに重症に なりえるのでとても危険です。 やなぎばし療院は、古来より伝わる四診や、中医学、日本の古医術を 駆使して体の警報を根本からしっかりと受け止めることで、ただ 「ラク」にすることだけではなく、再発しづらい『自然治癒力』を 高めます。どんな薬も自分自身を治そうとする力には及ばないのです。

やなぎばし療院では、単刺を主に使い、重要なところには置鍼をしていきます。
ご希望がございましたら電気鍼(パスル)も行っております。

単刺…鍼を刺し、刺激したらすぐに抜く方法
置鍼…軽く鍼を刺し、そのまま10分程度置い
ておく方法(体が鍼を異物だと思い込
み血液が集まってくる)
電気鍼(パスル)…鍼を刺し、その鍼に弱い
低周波通電をします。
(筋に電気を通す事で筋肉内の疲労
物質を散らし血行促進・コリを
取り除きます)

やなぎばし療院のメインで使用する鍼です。いわゆる刺すのに用いる鍼。
やなぎばし療院では使い捨てのディスポ鍼を使用。金、銀、ステンレス、コバルト等 多くの素材を使い分けます。当院では、特に細い髪の毛ほどの針を使用するため、刺入時の痛みもほとんどありません。

【適応性】
腰痛・肩こり・首こり・はもちろん自律神経の乱れを整えたり胃腸の諸症状を改善していきます。 その他、逆子のお灸・顔鍼なども実施しており、たくさん鍼灸に適応する疾患がございますので、お気軽にお問合せ下さい。

鍼灸治療 受付・予約時間
午前 9:00〜11:30 9:00〜14:00
午後 15:00〜19:00

※完全予約制
※掛け持ちの治療はいたしません。

やなぎばし療院は患者さまには鍼治療が合うかどうか確認したり、症状はどのようなものなのか、 家族歴・既往歴などを伺いしながら施術してまいりますので、初回1度限り半額の30分\1,000で治療いたしております。
















【治療後の過ごし方】
治療後は瞑眩反応が起こりやすいです。
固くなっていた部分が緩むため力がうまく入りづらかったり血行が一気に良くなるために体がだるくなる場合もあります。
緊張していた体が休みたいと思っている証拠なので無理せず、
体を休めてください。
できたら1、2時間睡眠をすると回復がとても速いです。